【釣行記録】エギ王QLIVE縛りでナイトエギング

こんばんは。釣りの神様です。

最近釣りの他に、ゴルフもはじめてみました。

本日初ラウンドに行ってきたのですが、109でかなりのいいスコア?を出すことができました。秋晴れの中、自然に囲まれたゴルフは気持ちよかったです。

釣りに支障を来すといけないのでハマらないようにしなきゃ。。。

本日のターゲット:アオリイカ

さて、今日はまたもエギングに行ってきました。完全なナイトエギングです。

この時期になると夜も関係なくエギンガーがあふれています。

少しでも竿抜けポイント(あまり釣り人が来ない場所)を狙って短時間釣行のスタートです。

そして今回はちょっと趣向を変えて、この前オススメしたヤマシタのエギ王QLIVE(490グロー)の2.5号一本で釣りたいと思います。

◎釣行日時
・9月5日(火)20時〜21時半
・天候:晴れ 風:南の風2m 潮:長潮(上げ0分〜上げ4分)
◎ポイント
・漁港の横にあるテトラ帯。水深は約2m。
・海底は砂地に藻場が絡むようなところ。
・アオリイカの実績が十分あるポイント(個人的には)。

とにかく人に邪魔されるのが嫌いでマイペースに釣りをするのが好きなので、人がいない場所。こんなところ釣れるの?という場所を選択。しっかり日中に根の入り方等を偵察済み。

そして今回のポイントは水深2m程度しかないシャローだというところ。危険なシャローに入ってくるイカは活性が高いかアホかの2択です。時間もないので活性の高いイカを狙ってシャローを選択しました。
◎タックル
・ロッド:17セフィアCI4+803ML(シマノ)
・リール:ストラディックCI4+2500HG(シマノ)
・ライン:PE0.6号、リーダフロロ10lb
・ルアー:エギ王QLIVE(2.5号、虹テープ490グロー)
お気に入りの17セフィアに490グローで最強タックルの完成です。

釣行開始

ポイントにエントリーすると案の定誰もいません。

お祭りを気にすることもなく、沖目の根の周りにキャスト!!

まずは、イカのいるレンジを確認します。

表層から探ろうとするといきなり重みが乗って子イカをゲットです。

簡単すぎて拍子抜けです。

ナイトエギングは、糸の出方もよくわからないので、私は基本的にカーブフォールを多用してロッドの感度であたりを取るようにしています。

セフィアとストラディックの軽量タックルのおかげで今まであたりがわからなかったイカパンチ等も敏感に感じ取ることができます。

活性高く浮いているなと判断し、今度も表層をちょっと早めの小刻みなしゃくりで誘います。

沖から寄せて手前で食わせるようにして沖のイカをスレさせないようにします。

さらに5投目くらいでしょうか?沖目でイカがじゃれついてきているのはわかっていたので、手前に来た時もすぐにエギを回収せず、竿先でチョンチョンチョンと足元で動かしているとグッと重みが乗りました。

これも胴長15cm程度のイカです。

この490グローシリーズはナイトエギングで鉄板ですね。

適当にしゃくっていても釣れてちょっと面白みに欠けますね。

その後も結局コンスタントにキャッチして1時間半で7杯getしました(オールリリース)。

是非みなさんも仕事終わりにこの490グローを携えてナイトエギングに行って見てください。しっかり結果がついてくると思いますよ〜♪

ヤマシタ エギ王Q LIVE サーチ 490グロー 3.0号

価格:831円
(2017/9/5 23:15時点)
感想(1件)

※ナイトエギングについては、ここもチェックして見てください。他の有益な情報が記載されており、私も参考にしております。

Follow me!

ブログをメールで受け取る

メールアドレスを記入し登録いただければ、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

シェアする