シーバス、青物、ロックフィッシュ、フラットフィッシュ…。ショアからひたすら大物を追い求める神様のブログ♪

ルアーフィッシングの神様

アコウ(キジハタ) ブログ

【初心者向け】アコウ(キジハタ)を釣りたい人がまずすべき3つのポイント

投稿日:

こんばんは。神様です。

今日はまたまた、アコウ(キジハタ)について書きます。

夏の魚。釣って楽しく、そしてうまい!こんな素晴らしい魚はなかなかいません。

特に刺身にして2日我慢して冷蔵庫に寝かして見てください。ヒラメより美味しい白身ですよ。

本日はアコウを釣りたい初心者さん向け

本日はどうしてもアコウが釣りたい人向けの記事です。

さらに初心者さんでもすぐ実践できるようなポイントに絞って書いていきます。

この3つのポイントは、2つは釣りの師匠から教えてもらったこと。

1つは私が釣りをするうちに、常に意識するようになったことです。

アコウ(キジハタ)は釣るだけなら簡単です。サイズを狙いだしたらキリがないですが、40cmくらいまでなら楽勝です。

おそらく150匹は釣っている私が言うのですから間違いないです。

しかも近所の防波堤やサーフからですので、敷居もそんなに高くないです。

もちろん私の住む日本海側はアコウの宝庫なのでそういったアドバンテージはあるかもしれません。ただ、本日紹介するポイントは、どの場所でも今すぐ使えるメソッドばかりのなので皆さんの主戦場で臨機応変に活用してもらえれば嬉しいです。

アコウ(キジハタ)を釣りたい人がまずすべき3つのポイント


1.テトラ、根を探せ!!それ以外は無視しろ!!


これは鉄板のポイントです。

オープンスペースのサーフなんかじゃまずアコウは釣れません。

いや釣れる可能性はあります。ただ可能性はかなり低いです。どうせ釣りたいなら釣れる場所で釣りましょう。

アコウは遊泳力がありますが、基本は根魚の一種です。テトラや根を探してください。

まずはそこから全てが始まります。

どこにテトラがあるのか、根があるのかわからないと言う方もいるかもしれません。

現地まで行って、いちいちランガンして探すのは面倒臭いなあと言う方もいるかもしれません。

そんな時はグーグルマップさんの出番です。

グーグルマップさんの航空地図は非常に優秀で、ショアからある程度の沖まで海底の起伏、根の張り出し等が丸わかりになっています。

引用:google map

これは石川県のある漁港ですが、テトラの張り出し、シャローで根が一面に入っていることがわかります。

海岸線をひたすら見て行ってください。

きっと素敵なポイントが見つかるはずです。

そしてそのポイントが見つかったら、テトラ・根の際を攻めてください。

根掛かりは仕方ないです。沖のテトラなら、テトラに入り込んでもいい!くらいの気概で攻めてください。

根掛かりを恐れて少しでも外すと全く食ってこないことが多々あります。

このポイントは非常に重要です。


2.テキサスリグ以外使うな!!


上記に通じるとことです。

この釣りは根掛かりとの戦いです。根掛かりを避けては通れません。

しかし根掛かりを最小限にすることはできます。

ロッドを感度のいいものを使うこと。あとはテキサスリグを使うこと。
(他にもベイトタックルを使ってハードカバーを攻める等ありますが、今回は割愛)

このテキサスリグですが、根掛かり回避に一役買うことはもちろんなのですが、誘導式のシンカーを使うことによってかなり自然なワームの動きを演出することができます。

シンカーが先に海底に落ち、その後からワームがふわーっと落ちてくるイメージです。

感度も落ちることなくバイトを拾えることができ、ロックフィッシュを狙う時は9割このテキサスリグで攻めています。

そしてシンカーにも鉛とTG(タングステン)がありますが、お金に余裕があれば、高比重で硬いタングステンを使用してください。

できるだけ軽い重り(ギリギリ着底が判断できる程度)を使うので、TGの感度(着底時はカツンといった金属的な反応があります)がかなり根掛かり回避に役立ちます。

 


3.夜しか釣るな(ナイトゲームオンリー)!!


正直、昼でも釣れます。サイトの釣りは確かに面白いですね。あの根に付いているあのアコウを狙って釣れるんですから。

私もジグヘッドにスピナーをつけてフラッシングで釣ったりすることもあります。

ただ、やはり夜がいいんです。

夜は魚の警戒心が薄れます。捕食行動にも出やすくなりますので、自然とバイトの数が多くなります。

経験上、ショアからのアコウ狙いならば、同条件で釣果に5倍差がでる感じです。

もちろんナイトゲームが昼の5倍です。

ただ、夜は危険が多いので、初心者の方は昼間の視察及び一人での釣行を極力控えてください。テトラから落ちても誰も気づきません。誰もいません。

まとめ

とりあえず上記の3ポイントを抑えれば9割釣れたも同然です。

あとは運ですね笑

他にも中級者向けのポイントもありますので今後、書いていきたいと思います。

とにかく美味しい魚なので、旬の今の時期に是非釣って、刺身や煮付け等にして食べて見てください。

私のアコウ釣行日記もありますので、リンクを貼っておきます。

是非皆さんの参考になれば幸いです。

【釣行日記】サーフからアコウ(キジハタ)を狙う

【釣行日記】40cmUPのアコウをゴロタサーフでゲット

 

Follow me!

-アコウ(キジハタ), ブログ

Copyright© ルアーフィッシングの神様 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.