【インプレ】ジグパラはこれからもライトショアジギングを牽引し続けるか

キャッチ写真

こんばんは。最近エギングに飽きて来た神様です。

あれから数は釣れなくなったアオリイカですが、サイズアップして来ているのでそれなりに楽しみはあるのですが、如何せん人が多い状況が続いています。

メジャースポットは平日休日問わず満員御礼。

マイナーなスポットにも流れてくる始末で変な気を使わないと行けないですし、面倒臭いことが嫌いな私にとってすでに目線は秋のショアジギング(私の地域では10月下旬くらいから青物が回って来ます♪)に向きつつあります。

《ちなみに今秋の200杯目標については、現在157杯となっています》

ということで、今ショアジギングが本格化する前に、神様的ショアジギングのススメとして、色々と複数回に亘って書いていきたいと思います。

第一弾は前回オススメしたタングステンメタルジグの記事です。

これも是非読んでみてくださいね!!

第2弾はこれもメタルジグのインプレですが、ジグパラについて説明していきたいと思います。是非おつきあいくださいませ♪

ジグパラとは?

メジャークラフトから販売されている、メタルジグを中心とする商品ラインナップの総称です。

ラインナップ的には、メタルジグ、バイブレーション、スピンテールジグ、ジグヘッド等が揃っていますが、今回は特にメタルジグ(ショア用)を中心に説明していきたいと思います。

ジグパラ解説

その日の第1投目から最後の1投まで100%の信頼感でキャストできるド定番ジグの決定版!
かつてないジャークの軽さ!触れれば即掛け!圧倒的な飛距離とあらゆるアクションに対応するハイポテンシャルジグフィールド、ターゲット、アクションを選ばずあらゆる状況に対応するキング・オブ・スタンダードジグ、それが「JIGPARA」(ジグパラ)。ショアジギングにおいて飛距離が最大の武器となるのは言うまでもないだろう。その空気抵抗の小さいコンパクトシルエットは圧倒的な飛距離を生み出します。またハイピッチからスローまであらゆるジャークに対応する引き重り感の少なさと、喰わせのタイミングを誘発させやすいセンターバランスは使い手を選びません。抜群のフッキング性能の秘密、それはフックポイント。掛ける事を最優先にフロントとリアに日本製オリジナルフックを搭載。触れれば即掛け!これがショアジギングに本気のメジャークラフトの結論です。

引用:メジャークラフトHP

上記はジグパラショートというモデルの紹介文です。

ジグパラのメタルジグについても様々なラインナップで構成されています。
・ジグパラショート
・ジグパラスリム
・ジグパラマイクロ
・ジグパラスロー

・ジグパラセミロング
・ジグパラタングステン
といったところです。

内容は名前の通りとなっていますが、ベーシックタイプはジグパラショートとスローだと思います。あとは、ベイト等に合わせてマイクロにしたり、飛距離を重視してタングステンにしたりするような感じですね。

ちなみにジグパラショートは青物系に、スローがフラットフィッシュに効果大です。

ジグパラが売れる3つの理由

メタルジグって非常にたくさんの種類が販売されていますよね。

その中でジグパラがメジャーになった代表的理由を3つ挙げたいとおもいます。


理由①:安い!!


おそらくこれが一番の理由でしょう。

メタルジグ(タングステン除き)は総じて価格帯が安いですが、このジグパラシリーズはその中でも群を抜いて安い。おそらく実売価格で500円強くらいでしょう。

ただ安いだけでなく、信頼あるメーカーが自信を持って販売しているメタルジグですし、普通に釣れます。

安くて釣れるならばみなさん買いますよね。

私もショアジギング初心者の頃は、このジグパラかムーチョルチアを購入してひたすらキャストしていました。

イナダ、ガンド、ヒラメ、マゴチ、サゴシなどを釣りましたが、フックの弱さもないですし、後述する塗装も強く優等生的な立ち位置です。
※2度ほどサゴシの歯にアシストフックの紐をスパッとやられたことはあります。


理由②:塗装ハゲがしにくい!!


塗装ハゲがあまりしません。

ゴロタ浜で使っても剥げ上がるまで時間がかかるイメージです。

サゴシや太刀魚にガシガシやられても小傷はつきますが致命的な傷になることは稀です。

持ちがいいところも初心者を始め使いやすい(購入しやすい)理由となっているのでしょう。


理由③:ヒロセマン笑


影の立役者であるヒロセマン(広瀬逹樹さん)の存在はジグパラのみならず、メジャークラフトにとっては大きいです。

彼は、メジャークラフトのロッドプランナー、フィールドテスターの顔を持っていますが、youtube等に解説動画を載せています。

もちろんメジャークラフトの商品を中心に使用されていますが、基本的には魚をどう釣るかといったメソッドに特化した動画構成であり、メジャクラ釣具をごり押しするようなものではないです。

普通に勉強になります。彼の得意なショアジギングに関して言えば、このジグパラを使用してショアから大きな真鯛を釣り上げる動画もあり、いち釣りファンとして興奮を覚えました。

ここで使用しているゼブラグローイワシは強力なカラーです。

まとめ

ジグパラはショアジギ初心者の方に特におすすめしたいメタルジグです。

価格が安く、持ちも良い。サゴシにスパッとやられたり根掛かりしてジグをロストしても財布に優しい。

まずは、楽しく釣りをしてもらいたいことから、できる限り安く、そして釣れる釣具を初心者の方はまずは使用してほしいです。

そして中級〜上級者の皆さんも普通に使えるメタルジグです。

ただ、中級者以上の方は様々なジグを使用されたことがあると思うので、その中で一番合うメタルジグを選んでもらうことが最良でしょう。特にジグパラにこだわる必要性はないと思います(人によっては、ジグパラは重さの割に大きいとして敬遠している人もいる)。

そういう意味では、繰り返しになりますが、ジグパラはショアジギ導入時にまずは手にとってほしいメタルジグとして評価したいと思います。

※最近発売されたタングステンモデルも気になっています。今秋私も購入して使い勝手をレポートしたいと思いますので、楽しみにしていただければ!!

●メジャークラフト ジグパラ ショート 20g 爆釣イワシカラー5個セット(17) 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

価格:2,505円
(2017/9/24 22:43時点)
感想(4件)

●メジャークラフト ジグパラ スロー JPSLOW 30g 5個セット(32) 【メール便配送可】 【まとめ送料割】

価格:2,764円
(2017/9/24 22:44時点)
感想(6件)

【メール便可】メジャークラフト【タングステンモデル】ジグパラTG 24g

価格:1,117円
(2017/9/24 22:45時点)
感想(0件)

※ショアジギングに関する情報については、ここも参考にしてください。私も色々と勉強をして自分の釣りに活かすようにしています。

Follow me!

ブログをメールで受け取る

メールアドレスを記入し登録いただければ、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

シェアする