【レインウェア】モンベルストームクルーザー(ゴアテックス)のコスパ最強説は本当か?【実売インプレ】

こんばんは。神様です。

さてさて、全国的に雨模様なのかな?私の住む地域は昨夜から雨が降り続いています。

濁りが入るのと水潮(海水の塩分濃度が雨水により下がってしまう)の影響でエギングには不利な条件が揃ってしまいそうですね。

それでも朝まずめめがけて突撃したいと思います(なんでも友人は昨日夜通しエギングをして驚異の68杯釣ったそうです。負けてられねぇ!!)。

本日はレインウェアのインプレ

さて、雨といえばレインウェアですよね。

雨だから釣りに行かない?そんなこと言わずに勇気を出して外に飛び出してください。

雨だから有利になることって結構あるんですよ。特に人がいなくなりますよね。そして魚の警戒心も比較的少なくなります。

私雨の中の釣りって結構好きなんです。

それもこれもしっかりとしたレインウェアがあってこそ!!だと思いますが。

このしっかりしたレインウェアがあることで雨でもさあ釣りに行こう!という気持ちになるんです。それだけレインウェアって重要です。

みなさんどんなレインウェアを着てますか?

コンビニで買ったカッパですか?ゴルフと兼用ですか?

今回は私が買って一年経過したレインウェアが非常にコスパが良くて優秀なものだったので紹介をさせていただきます。

ストームクルーザー(モンベル)とは?

一年前実は私レインウェアをケチって安物(5,000円程度)を釣具屋で買って着ていました。

ただ、ストレスが半端なくて雨の中の釣行が大嫌いでした。

ストレスというのは、
・濡れる(すぐ染み込んでくる)
・風が入ってくる(濡れていると体温を急激に奪う)
・重い

もう最低でしたね。釣りから帰って来てレインウェアを脱ぐと下の服がビシャビシャでした。レインウェアの意味が全くありません。

そこで、色々なサイトを参考にしたり、周りの友人に聞いたりしてコスパの高いレインウェアがないかを探していました。

ノースフェイスとかも探したのですが非常に高い(ジャケットで4万円くらい)。

2万程度で絶対濡れないレインウェアがないかを探しました。

そこで行き着いたのがこの日本メーカーであるモンベルのストームクルーザーでした。

色々なサイトでもコスパ最強の文字が躍っています。そもそもモンベルは登山用品のメーカー。登山しててレインウェア着てるのに濡れてたら生死に関わります。

メーカーの信頼性が高いというところと豊富な販売実績・インプレッション。

さらには、登山をする友人3人がこのストームクルーザーを使用していて高評価だったことから購入することに決めました。

さらに良かったのがちょうど改良が加えられて軽量化・防水性能が格段に上がったということ。

1975年の会社設立当初より、多雨多湿の日本の気候に合わせたレインウェアの開発に力を注いできたモンベルが、防水透湿性素材のゴアテックス®にいちはやく注目し、これを採用したレインウェア「ストームクルーザー」を商品化したのは1982年のことです。「濡れなくて蒸れないということは、アウトドアーズマン全ての長年の夢でもあったのです」と、当時のカタログの中では紹介されています。
ゴアテックス®の性能を最大限に生かす独自の工夫をふんだんに盛り込んだ「ストームクルーザー」は、日本のアウトドア界に大きな変革をもたらしました。その後も改良を重ね、2017年現在のモデルは8代目となります。まさに、モンベルの歴史とともに歩んできたアイテムといえるでしょう。

モンベルを代表するレインウェア「ストームクルーザー」は、GORE® C-ニット™バッカーテクノロジーを採用することでしなやかさが向上。縫製箇所を減らすなどの大幅な軽量化と同時に、これまでにない柔らかな着心地を実現しました。すそやアルパインカフは、接着することで保水しにくくし、ポケット部分にもシーム処理を施し防水性を高めるなど、細部に至るまで徹底した防水・撥水処理を施しています。豊富なカラーバリエーションを展開し、すっきりした無駄のないシルエットを採用。ウインドブレーカーや防寒着としても活躍します。

【素材】ゴアテックス®ファブリクス3レイヤー
【平均重量】257g
【カラー】マスタード(MST)/ オリーブグリーン(OVGN)/ プライマリーブルー(PRBL)/ パープルネイビー(PUNV)/ シェイル(SHALE)/ シグナルレッド(SIRD)/ サンセットオレンジ(SSOG)
【サイズ】S / M / L / XL
【収納サイズ】7×7×15cm
【特長】ジッパー付きポケット2個(ハンド2)/ネームタグ付き/スタッフバッグ付き

引用:モンベルHP

防水性能と透湿性能に優れるゴアテックスを採用しています。

地味に重要なのがこの透湿性能

防水性能ばかり気にしていると夏場の雨の時などレインウェア内がサウナ状態になります。それこそ雨に濡れず、汗でぐちゃぐちゃになることに。

快適に釣りをするためには防水性能と透湿性能の両立が非常に重要です。

その点、このストームクルーザーは防水性能と透湿性能に優れる「ゴアテックスファブリクス」という素材を採用しています。

モンベルブランドのレインウェアの性能についてわかりやすくレーダーチャートで示しているページがモンベルHP内にありましたので紹介します。

引用;モンベルHP

釣りをするならば、ぜひこのゴアテックス素材にしてください。

人によってはドライテックのサンダーパスを購入されている方も多いですが、これはすぐ浸透して来ます。特にロッドの手元がわき腹に擦れるだけで水が浸透して来たりしますし、何より蒸れます。

1万円強のプラスにお金を出さなければなりませんが損はしません。安物買いの銭失いって昔から言われるまさにそれです。

ストームクルーザーのレーダーチャートを見てもらえればわかりますが、防水性や機能性、等質性そして強度、軽量がバランスよく高く位置付けられています。

2万円でこれが買えるっていうのは非常にお買い得というか、他のメーカーなら4万円程度出さなければ買えないレベルの機能です。

1年間使用してみた感想

このモンベルストームクルーザーを購入して約1年。

台風の中でも大雪の中でもこれを来て様々なフィールドに釣行に行きました。

その中で見えて来た良さを紹介します。


良①:防水性能・透湿性は抜群


全く濡れません。おそらくこの1年の過酷を極める釣行でも一度も濡れていないと思います。

台風直下でも横殴りの雨でも、暴風雪の日も釣りに行きました。

それでも濡れませんでした。むしろそんな日に釣りに行こうと思えたのはこのストームクルーザーがあったからだと思います。

透湿性能もまあ及第点でしょうか。

確かにこれだけの防水性能がある中で十分な透湿性能だと思います。さすがに真夏は汗をかきますがそれも全然余裕の範囲内です。


良②:軽い


軽いですね。着るというよりも羽織るイメージ。

私は軽すぎるので普段のウインドブレーカーとしても使用しています。


良③:耐久性抜群


過酷を極める使用にも耐え破れもほつれもないです。生地自体もロッドが擦れるところ以外は影響なし。擦れるところは若干黒くなっていますが、防水性能には全く影響していません。


良④:風が入ってこない


これの結構嬉しかったところが風が入ってこないところなんです。

寒い中、雨が降ってという環境下で風をしのげるレインウェアを来ていると体力的に非常に助かります。守られている感じがして安心しながら釣りをすることが可能です。

ですから、私は晴天でもこれを着て釣りに行きますし、普段使いもします。

悪い?ところも見えて来ましたので合わせて紹介します。


悪①:ポケットの中身が洗いづらい


これは防水性能が優秀すぎることの裏返しなのですが、洗濯の際にポケットの中を洗おうとすると水が溜まってなかなか乾きません。

全く水を通さないのでポケットに水分がずっと残るイメージ。

裏返したり、タオルで拭いたりして対処しています。


悪②:定価でしか買えない


モンベルシリーズは基本的に定価でしか買えません。

アウトレットに行っても定価で売っています(本当の訳あり商品ならばアウトレット価格ですが)。

ですから店頭でもネットでも価格は一緒です。

購入する際の注意事項

もしちょっと気になるな、購入したいなという方がいらっしゃいましたら、一つサイズを大きくして買ってください。

というのもこれは通年で使用可能です。夏場だけ使用するというのであればジャストサイズで結構ですが、冬場はこの下にダウン等を着ることで防寒が完璧になります。

その厚み分を考慮して買っていただけると後悔が少ないと思います。

私は普段LなのでXLを購入しましたが、これでちょうどいい感じです。

このレインウェアは全力でオススメできます。ぜひ良かったら下記からご購入下さい(店頭もネットも同一価格が基本ですので)。

ちなみにジャケット側をいいものにしてください。ご予算的にきつければ、ズボンは逆にランクを一個落としてもいいかと思います。

◎モンベル 1128531・ストームクルーザージャケットMen’s

価格:21,060円
(2017/9/8 00:35時点)
感想(14件)

◎モンベル 1128562・ストームクルーザーパンツMen’s

価格:14,580円
(2017/9/8 00:37時点)
感想(5件)

※他にもレインウェアに関するインプレ等がこちらで確認できます。私も参考にしていますのでぜひご覧ください。

Follow me!

ブログをメールで受け取る

メールアドレスを記入し登録いただければ、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

シェアする