【ペンデュラムキャスト】ルアーを遠くにカッコよくぶっ飛ばそう!!

こんばんは。神様です。

空気が秋めいてきましたね!!

釣りもアオリイカに青物、フラットフィッシュ、シーバスと対象魚種も増えてさらに美味しい素晴らしい季節です。蚊や暑さに悩ませられることもなくなりいいことづくめ!!

みなさんこのブログを参考に?海へ川へ出かけて美味しい魚を釣りましょう!!

キャストの重要性について

さて、読者さんからよりルアーを遠くに飛ばすキャストについてご質問をいただきました。

どんな釣りでもルアーや餌をキャストしないと魚は釣れません。

とにかく投げるだけならばそんなに苦労せずにマスターできるかもしれませんが、より遠くにそしてアキュラシー高く(キャスト精度)さらには格好良く投げるためには基本からしっかり仕組みを学んで、練習する必要があります。

みなさんの釣り場でもスマートにキャストしてるのにすごい飛距離が出てる人っていませんか?今回はそんなキャストができるようになるためのポイントを解説します。

こんな人です。

力を入れなくても遠くにキャストできるんです。みなさんこれを目指しましょう!!

ペンデュラムキャストをマスターとは?

ルアーを遠くに飛ばすためにはこのペンデュラムキャストをマスターする必要があります。

簡単にこのキャスト方法を説明すると、振り子のようにルアーを動かして遠心力を活用して投げる方法。対局にオーバーヘッドキャスト(キス釣りの投げ釣りのようなキャスト方法)があります。

オーバーヘッドキャストの動画

この投げ方も理屈はあるのですが、キャストしてなんぼのルアーフィッシングにおいては適性を欠く投げ方です。重さのあるジグを毎回この投げ方では、体に負担がかかるしロッドが折れそうです。

ルアーフィッシングにおけるキャスティング方法で重要なのは、

・手返しよく
・体やロッド・ラインに負担をかけず
・精度高く遠くに

というこの3点を満たすことです。

そういった重要ポイントを満たしているのがペンデュラムキャストです。

◎注意
・精度高くといった点については、タラシを短くしたオーバーヘッドキャスト(ベイトタックル等使用)に軍配が上がります。あくまで、ある程度の精度を持ちつつ遠くにキャスト可能なのがペンデュラムキャストだということをご留意ください。

ペンデュラムキャストをマスターせよ!

それでは、このペンデュラムキャストをマスターするためのポイントを順を追ってパワーポイントで解説したいと思います。

というのが大まかなポイントです。

とにかく力を抜いて、ルアーの遠心力と自重によるロッドのしなりを最大限活用する方法です。全く疲れませんし、テトラポットの上でも簡単に遠くに投げることができます。

◎注意:徒ら(いたずら)に力を入れない
・飛ばそう飛ばそうと思って力を入れすぎて投げている人をよく見ます。
・力を入れるとせっかくのロッドに乗った遠心力が消されるだけでなく、ロッドスピードにスプールの放出量が追いつかず高切れのようなライントラブル(下手するどガイド破損)が起こりますし、ルアーの飛行姿勢が悪くなります(クルクル回ってしまう)。
・ですから6〜7割くらいの力で投げることが重要です。

この投げ方をマスターすれば、かっこよさは勿論のこと、飛距離も出て釣果も上がり、疲れ知らずと良いことづくめです。絶対一目置かれる存在になるでしょう(自慢ではないけど私よく釣り場で知らない人にキャストの仕方を聞かれます)。

慣れれば、ある程度のキャスト精度も伴うので、3m感覚で人が並ぶようなところでもしっかりメタルジグを100m以上まっすぐキャストできます。私は少なくともしてます。

周りはお祭り(他人のラインが絡んでしまう)頻発でも自分起因のお祭りはなくすことができ、ナブラ打ち等時間との戦いでも効果的にキャストを繰り返すことができます。
ぜひ、このキャストをマスターして、カッコイイアングラーを目指して見てはどうでしょうか?
※よくシュパッと音を出している人がいますが、あれはルアーが軽い場合のキャスト音です。30gのメタルジグを投げる時にあの音が出ている場合は、逆にロッドスピードが速すぎる可能性があるので調整して見てください。コツは切り返し中でもしっかりロッドにルアーの重さを感じていることです(その条件下におけるmaxのロッドスピードにしてくださいね)
ご不明点等あればコメントに記載ください!!
その他釣りのメソッドについて沢山のコツを記載しているブログもあるのでこちらを是非ご参照ください。目から鱗の情報も多々あります。

Follow me!

ブログをメールで受け取る

メールアドレスを記入し登録いただければ、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

シェアする

コメント

  1. いかんぐ より:

    こんばんは!今回は二本立てですね!
    どちらも読んでいて楽しく参考にさせていただける内容で有り難いですm(__)m
    メタルマルはシングルフックで使用してみようかと現在机の上で試行錯誤中です(笑)

    一本目の動画のキャスト綺麗で全く力も入ってなく凄いと思いました。
    こんなに力を抜いて出来るもんなんですね…
    私はどうも最後の切り返す時に力を入れすぎてるようでした。
    わざわざ解説付きで非常にわかりやすいです。

    月に一回釣りに行けたらいい方なのでなかなか練習する機会もないですが綺麗にカッコよくキャスト出来るように頑張りたいと思います!

    • 神様 より:

      いかんぐさま
      読んでいただきありがとうございます!励みになります。感謝!
      メタルマルはシングルで使ったこともあります。やはりフックが信頼できないと安心してやりとりできないですよね。

      キャスト動画は一連の流れがわかりやすくかつ無駄がない動画でしたので紹介いたしました。もう少し力いれてもいいかな?ミノー系ならあれで十分だと思います。
      大阪湾はタチウオにキビレに青物といいフィールドですよね。和歌山まで足をのばせばエギング、本格ロックショアと羨ましいです。これからもよろしくお願いします!